<< 下関のセフレは医者に会わなければなりません | main | 私をがっかりさせるセフレ >>

眠りをセフレは諦めた

0

    そしてセフレは簡単な突破口でした。
    私が目を覚まして一晩中紅茶を飲んだ時、私は眠りを諦めた。

     

    "セフレが勝つなら、私のガールフレンドになる"


    きゅうり。

     

    それを聞いたので、私は私の口にお茶を淹れる。

    セフレを作られるぐらいなら風俗に行かれる方がマシ!?

     

    その後、


    "私は女性を辞めました。だから不可能です -

    きゅうり。

     


    セフレはそれを聞いたので、

     

    もう寝ることはできません。

     

    このような干拓地は驚くほど活発でありながら、途中の若者のように、祖母の話を続けています。

    frrshdu9 * - * 16:50 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ